HOME>レポート>お祝いをもらったら内祝いをしよう!【感謝の気持ちを品物と贈る】

お祝いをもらったら内祝いをしよう!【感謝の気持ちを品物と贈る】

風呂敷

内祝いとは

内祝いを贈る場面は結婚や出産、新築住宅の完成時など多くあります。何かおめでたい時にお祝いを貰い、そのお返しが内祝いという認識が一般的ですが、本来の意味は違っていました。自分の家におめでたい事があったので、その喜びの気持ちを分かち合うために品物を贈るという事が本来の意味でした。しかし、お祝いを貰うより先に品物を贈るという風習が薄れていき、今の時代はお祝いへのお返しへと形を変えていきました。ただし、出産の内祝いの場合は、生まれた子供のお披露目も兼ねています。品物に子供の名前を入れたり、のしに書いたりして贈る事で、子供を紹介する役割もあります。また、品物と一緒にお祝いの手書きメッセージや写真などを添えるとよいでしょう。これらの気遣いをする事で、こちらの喜びの気持ちが伝わりやすくなりますし、相手との喜びの共有に繋がります。

内祝

内祝いで人気のギフトアイテム

内祝いのギフトで定番の物は、商品券やカタログギフトが挙げられる事が多いです。しかし、人と同じではなくてオリジナリティを出したいと考える人も増えており、様々な商品が内祝い品として販売れています。特に人気なのは食べ物です。食べ物は人と同じものを贈る可能性も少ないですし、贈る側の個性も出しやすいです。例えば、おしゃれなドレッシングやジュースは人気があります。これらの商品はセンスや美食といったアピール出来ますし、普段自分では買わない珍しくて美味しいものを貰えたと相手の満足度も高いです。また、相手に家族がいる場合は、フルーツやスイーツといったどの盛大にも愛される商品も喜ばれますし、相手への気遣いの気持ち伝えられるので人気があります。

広告募集中